出張自炊生活のススメ: コンニャク

2005年11月20日

コンニャク

昨日「おもしろいサイト見つけました」って冒頭に書きましたが
リンク貼るのすっかり忘れてました。
今朝になってハッ!!!っと気付いた次第でございます。
一応ココにも貼っておきます。


昨日仕事の帰り、宿の近くのデパ地下に寄ったんです。
最近ハトのマークからセブンイレブンみたいな
看板になったトコです。

駅弁・空弁まつりってのをやっておりました。
結構な人だかりでナカナカ売れ行きもいいようでしたな。
しかし高価な弁当があるもんですなぁ。
米子駅の「吾左衛門 燻りさば」ってのは税込みで1,869円
へーーーって思ってたら買う人がいるんですなコレが。
弁当に1,869円ってのは普通の感覚なんですかねぇ。
分かりませんなぁワタクシには。

弁当をチラッと冷かして鮮魚売り場へ行ってみました。
土曜日のせいか何処の売り場も盛況ですな。
ココでも値段を見てエッ!て思ったモノがあったんです。
内臓と頭は取ってありましたね、2匹パックに入って430円です。
値段だけ聞いたら大した事ないかも知れませんが
サカナの名前聞いたら驚きますよ、いいですかぁ・・です。

鰯ですよ鰯!あの鰯が2匹で430円だなんて
随分と偉くなったもんです、あんまり獲れなかったんですかねぇ。
鮮魚売り場もサーーーっと冷やかして宿に戻っちまいました。


じつは金曜の夜から仕込んでおいたモノがあったんです。
コンニャクです。
白っぽいのと黒っぽいのと売ってますが
今回は黒っぽい方にしました。
アク抜き済みって書いてありましたからね、下処理が要りません。

袋から出したら箸を二本もってコンチキショーーって呟きながら
コンニャクにブツブツと穴を開けます、裏面も同様。
別に「コンチキショーー」でなくても構いませんよ、
好きな言葉でやってください。
穴開けが済んだら縦に二等分、横にして3_幅位にスライスです。
羊羹を薄切りにするようなカンジですな。

コレをビニール袋に入れまして醤油と酒と唐辛子をぶち込みます。
量は適当にやってくださいませ。
ビニール袋の空気を抜いて口を結んで
冷蔵庫に放り込んで置いたって訳でございます。


適量をいつものコッヘルに入れて電熱器の上に置いたら
スイッチポン。
ジョワジョワーーっと音がしてきますからね、そうしたら
箸でもって掻き回して満遍なく熱が回るようにしてください。
胡麻油でもあればタラーーーッとやりたいところですがねぇ
無いものはしょうがない、省略です。

konnyaku.jpg

先週買ったばかりのチタン製のカップに盛ってみました。
仕上げに胡麻をパラリ。
題してコンニャクのピリ辛炒め煮。(カッコ良過ぎか)
葱でもあればパラッと乗せたいところですが・・・
無いものは無い。(-_-)

味は不味くないんですが何と申しましょうかそのぉ
写真の写りが気に入りませんなぁ。
もうチョット旨そうに写ったって良さそうなもんですがねぇ。
posted by あかうお at 14:56 | コメントはコチラ(0) | トラックバック(0) | 料理
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。