出張自炊生活のススメ: 漬物用の塩

2007年12月24日

漬物用の塩

こないだスーパーで面白いモン見っけたんですよ。
エート名前は何てんだか忘れちゃいましたけど
簡単に言いますと漬物用の塩でございます。

アタクシ漬物が好物なモンですから
中身ナニ入ってんだろうねぇ」ってね
袋ヒックリ返して原材料んとこ見てみたんですよ。

塩が勿論メインで入ってましてその他に
昆布、椎茸、唐辛子、それからチンピってのが入っております。
なんでぇコレならウチでも出来そうじゃねぇか」ってんでね
中身憶えてウチ戻って早速やってみましたよ。

ああいいうのは大抵分量までは書いちゃいませんからね
その辺のトコは適当でございますよ。
ミルサーのカップん中に塩をザラザラー。
コイツは1キロ100円の自然塩でございます。
昆布と唐辛子を適当にハサミで切ってパラパラー。
干し椎茸とチンピは手で小さく千切ってパラパラーって具合に
カップに材料を入れちゃいます。

あとはミルサーのスイッチ入れて
ブイーーーン!で一丁上がりでございます。

漬物塩.JPG

あ、チンピってのはですね「陳皮」って書くんですが
ミカンの皮を干したヤツの事なんでございますよ。
チンピ.JPG
確か二月頃だったかに八朔かなんかの皮を薄く剥いて
ザルの上で干しましてね、
乾燥したヤツをビンに入れて保存してあったんです。
まあミカンじゃアリマセンが似た様なもんですよ・・多分


塩も材料も丸ごと全部ブイーーーン!ってやっちゃったんですが
写真で伝わりますかね、フワフワのパウダー状ででございます。
太田胃散とか龍角散みたいなカンジですな。
売ってんのとはチョット趣が違うようですが
別に大した問題じゃありませんよ、売るってんじゃないんですからね。

早速大根と人参を適当に切りまして
いつものようにポリ袋ん中に放り込みます。
適当に作ったコノ漬物塩を
適当な量ポリ袋の中身に降り掛けまして
ポリ袋に空気が入った状態で口をシッカリ持ったら
カクテルのシェイクみたいに上下左右に振って
中身を掻き回すんです。

塩が満遍なく廻りましたら空気をよく抜きましてね
口を結んで出張鞄にポイッ!でございます。
宿着いて風呂から出る頃には充分漬け上がってるって
段取りなんでございますよ。


大根漬物.JPG

ナカナカこのチンピの香りが隠し味になってまして
気のせいかいつもより爽やかな味に
仕上がったような気がしますな。

この「チンピ」、中華風の煮物に使うつもりで干してあったんですが
漬物に入るとは思いもしませんでしたよ。
ビールでも焼酎でも日本酒でも漬物があると
やっぱりホッとしますなぁ。

宿で飲ってますとなおさらでございます

posted by あかうお at 20:00 | コメントはコチラ(2) | トラックバック(1) | 料理
この記事へのコメント
ほぉ〜!!!!
こりゃ、いい事聞いた♪
何かあったらこういうお塩で私も作ってみます!!
それにしても
ウォーリーを探せな勢いで
適当・適当・適当wwww
ちょっとウケました!!
Posted by 電話番 at 2007年12月27日 21:08
ミルサー一つあると結構いろいろと使えて便利ですよ。
漬物用の塩はスーパーの塩売り場にあるかも知れませんから
何かのついでに探してみてください。(^.^)
それぞれの分量はかなり適当でしたが
なんとかなりましたぁ。(^_^;)
Posted by あかうお at 2007年12月28日 08:57
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック

自然塩(自然海塩)・天然塩といった表示の問題ついて
Excerpt: 塩の商品にはしばしば「自然」「天然」という言葉が使われることがあります。「自然塩」「天然塩」「自然海塩」などがその例となりますが、★東京都の指針によればこういった「自然」・「天然」という用語をしないよ..
Weblog: 身近な「塩」を知るブログ
Tracked: 2008-02-06 23:18
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。