出張自炊生活のススメ: またまた燻製

2007年03月15日

またまた燻製

鍋使ってね、ウチん中でも燻製作れちゃうんですよ。
モクモク煙も出ませんし難しい作業もありませんからね
いっぺんやってみちゃどーすかオトーサン。
洋酒にもピッタリなんでございますよ。(●^o^●)


相変わらず出張ありませんのでタイトルとは全然
関係のないハナシでございます。(汗)
同僚から川魚を10匹ばかり頂きましたんでね
前にも何度か書いてんですがまたまた燻製にしてみたんですよ。
今回は段ボール使って外でモクモクやるんじゃなくてね
台所で簡単に出来ちゃうヤツでございます。

内臓は取ってあったんですがエラが付いたままだったんでね
外してから全体をよく洗うんです。
そしたらポリ袋に入れまして塩コショウ、砂糖、生姜、ニンニク、
適当な香辛料をぶち込んで魚にまぶし付けます。
今回はクローブ少々とクミンをザラザラッと入れてみました。

あ、言っときますけど本式の作り方じゃありませんからね、
こんなモン適当に作ったってソコソコ食える代物になるんだぜって
いうスタンスでやってますんで本式派のオトーサンには
ちょいと御勘弁を!でございますよ。^_^;


エートその後ですねポリ袋を密封しまして
冷蔵庫に放り込んで4,5日寝かすんでございます。
万が一漏れたりすると後始末が面倒なんで袋は二重に
しとく事をお勧めいたします。
寝かせてる間2,3回上下をひっくり返してやると全体に
味が馴染んでよろしいようでございますよ。

4,5日してポリ袋を開けますとこんな具合になっております。
IMG_0486.JPG
胡麻粒みたいに見える粒々がクミンですな。

コイツをですねよく洗いましたらポリ袋に入れ直して
タップリの水を入れて塩抜きすること約二時間。
最初に使った塩の量にもよりますけどね
まぁ全体の塩加減を均一にするってことでございますよ。


塩抜きが済みましたら半日くらい軒下のぶら提げて乾燥です。
IMG_0495.JPG
カラカラまで干さなくてイイんですよ、表面が乾く位ですかな。
冷たい風がピュウピュウ吹いてましたんで
五時間もぶら提げといたら乾いちゃいましたよ。
こんときは野良猫の襲撃にご注意くださいませ。

鍋の底にアルミフォイルを敷きましたら
スモークチップを一掴み乗っけて
鍋の真中くらいに納まるサイズの金網を置くんです。
100円ショップにありますからね。

金網の上に干した魚を置きますよ。
IMG_0520.JPG
奥の二匹が岩魚で手前のが山女ですな。

火を付けて(強火)煙がモクモクッと来たら蓋を被せんです。
そのまま弱火で十分位ですかね、密閉してるんで煙は出ませんよ。
火止めたらそのまま鍋ん中が落ち着くまで
十五分くらい放っといてください。

IMG_0523.JPG
出来上がるとこんな具合になっております。
いかつい顔してますなぁ(笑)

左手でアタマ持って右手はシッポ、背中の辺りを豪快に
ガブリとやっちゃってください。
湯気と共に何ともいえない香ばしい香りが漂いましてですね
出来立てはまた格別なんでございますよ。
魚なんですけどねソーセージみたいなハムみたいな
そんな味がしまして、まぁとにかくいっぺんやってみてくださいよ。

コレでスパゲッティ作っても旨いんですよ。
身ほぐしてレタスや玉葱なんかと一緒にパンに挟むってのも
アリですなぁマスタードたっぷり塗ってね。(^0_0^)

ダッチオーブンって鍋使ってやりましたけどね
中華鍋でも大丈夫ですよ、そんときは内側にアルミフォイル敷いた
ボールを蓋にしちゃってください、洗うとき簡単ですからね。

こんなこと間違っても宿じゃあ出来ませんけどね
多めに作って出張んときに持参するってのはよくあんですよ。(^_^)
posted by あかうお at 14:16 | コメントはコチラ(0) | トラックバック(1) | 料理
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/36030144

初めての薫製
Excerpt:  ベーコンを自作したい…と思い立ったのが数年前。きっかけは忘れてしまったが、食欲だけはくすぶり続けていた。  重い腰が上がったのは、どこかで「100円ショップの商品を組み合わせて薫製ができる..
Weblog: 天竺堂通信
Tracked: 2009-02-01 18:24
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。