出張自炊生活のススメ: 菊

2009年10月30日

いつの頃からこんなモン好んで食うようになったんですかねぇ。
子供の時分はどっちかってぇと嫌いな食べ物に分類
されてたと思うんですけどねぇ。

kiku.JPG

菊でございます。

家庭菜園の隅にちょっとばかり植えてんですけど
特別手入れなんかしなくっても毎年鮮やかな
黄色い花を咲かしてくれんです。

アタクシ花にゃ興味ありませんけど
食えるとなりゃハナシは別でございます。(笑)

実じゃなくって花の方を食うって文化がある国ってのは
世界的に珍しいんだそうですよ。
確かに他じゃあんまり聞いた事ありませんな。

どんな風に食うのかっていいますと
極めてオーソドックス且つシンプルでございまして
熱湯にサッとくぐらせて冷水に取り水気を絞る。
(丸ごとじゃなくって花びらだけね)^_^;
コレを芥子醤油に漬けて頂いております。

サッと熱湯にくぐらす程度に熱を加えんのが
コツなんですよコレは。
モタモタやってますってぇとベチョベチョになっちゃって
持ち前の歯ざわりが台無しって事になっちまうんで
注意が必要でございます。

ん、チョット待ってくださいよ。
アタクシ他所んちで食べた事ないんで
それがオーソドックスな食い方なのか?」って
訊かれると少々自信が・・・。^_^;

もしかしたら地方地方で食い方違うのかもしれませんな。
丸ごと揚げて天ぷらで食うってのは
聞いたことありますよ、そういや。
メンドクサイんでウチじゃやりませんけど。


ジップロックっていう保存用の袋があんじゃないですか。
アレに熱加える前の花びら詰めて冷凍庫
放り込んどくんです。
冷凍しときゃ保存が利きますんで
旬を味わった後は正月用に取っとくって段取りでございます。

黄色ってのは畑にあっても一際目立つんですけど
食卓にありますといっそう華やかで豊かな気分になる
もんでございますな。(^。^)
なんつってホロ酔い加減で柄にもない事を思ってみたりする。
posted by あかうお at 13:41 | コメントはコチラ(4) | トラックバック(0) | 料理
この記事へのコメント
食用菊といいますれば。
酢飯が花色に染まるほどたっぷり混ぜ込んで、
秋の彼岸用のちらし寿司として食べていた記憶が。
花は丸ごとでなく、花びらがバラけるわけですが。
そんな地域もございまする。
Posted by 通りす at 2009年10月31日 14:58
んーー!!旨そうですねソレ。(^^♪
色鮮やかなちらし寿司を想像してたら腹が鳴りました。(笑)

中国だと漢方の意味合いもあるようですね。
昔香港に行ったとき「菊茶」なんてのが
あって目に良いって聞いたのを思い出しました。
私は苦手でしたけど。^_^;
Posted by あかうお at 2009年10月31日 16:11
我が家もそんな感じです!!
後は、上の人が書いてるみたいに、酢飯に混ぜたり
てんぷらは初めて聞きました。
食用って、黄色と紫がありますよねー
黄色の方が鮮やかで好きですけど
酢飯に入れるときは、2色入れて色々入ってる風が好きですw
Posted by つなこ at 2009年11月01日 14:03
つなこサンとこでもちらし寿司なんですか。
これは益々食べてみたくなりました。^m^

紫の菊で「もってのほか」っていうのがありますが
アレも美味いんですよねぇ。
今回職場で訊いてみたら胡麻和え、胡桃和え、
それから大根下ろしと混ぜて醤油を掛けるなんてのもありましたよ。

春に山菜の天ぷらをするときその辺のタンポポも
一緒に揚げたりしますけど菊に味が似てて
なかなか乙ですよ。^_^;
Posted by あかうお at 2009年11月01日 19:11
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。