出張自炊生活のススメ

2009年08月29日

冷やしトマト

今週末も出張に来てんですけど下の写真は
先週撮ったもんでございます。

tomato.JPG

まぁ見ての通りのトマトでございますよ。
今時期真っ赤に熟れたトマトは美味しいですからね。

居酒屋なんかに行きますと「冷やしトマト」なんて
メニューがあったりしますな。
随分と手の掛からない料理ですなぁアレは。

トマト冷やしてスライスして皿に乗っけただけ、
ネーミングもそのまんまで
非常に分かりやすいメニューでございます。

そんな冷やしトマトなんでございますが
写真のコイツはね、
ほんのチョット一手間掛けてんですよ。

火ィ通しております。(^^ゞ

焼いたってんじゃなくってですね
茹でたっていいましょうか・・・。
まぁ茹でるったっていつものアレでございますよ。
密閉容器に水とトマトを入れてポットにドボンってぇ
いつものアレ式でございます。^_^;

10分でも20分でも好きな位ポットに入れといてですね
取り出したらお湯捨てて粗熱取れたら
冷蔵庫に入れて冷やすだけでございます。

仕事の都合上昼に作るって訳に行かないもんですからね
どうしたって前の晩に仕込むって事になんです。
単純な割りに少々気の長い料理ですな。(汗)

食ってみますとコレが冷たくってトロトロッとしてましてね
ナカナカおもしろい味わいなんでございますよ。
盆が過ぎたとはいえまだ暑い日もありますからね
ビールや酎杯のツマミにキリッ!と冷えた
こんなのもイイんじゃないですかね。

因みにドレッシングはオリーブオイルと酢、塩コショウ
コレを備え付けの湯飲みに入れてチャチャッと
掻き混ぜただけの極めてシンプルなモンでございます。

あればニンニクの擂ったのほんのチョッピリ入れると旨いですな。
彩りにバジルの千切ったのを乗っけてますけど
トマトと一緒にウチから持って来たもんでございます。(^。^)
春に植えときゃ勝手に葉が茂るんで一家に一本あると
便利でございますよ。

湯飲みをきれいに洗って
痕跡を残さないってのはお約束でございます。<(_ _)>
posted by あかうお at 18:45 | コメントはコチラ(2) | トラックバック(0) | 日記

2009年08月21日

高校野球とイカゲソと(-_-;)

第一試合の花巻東x明豊をテレビで観戦してたんですけどね
なんだか年甲斐もなくジーンと来ちまいまして
危なくホロリ..と来るとこでございましたよ。(・_;)

昼飯買いにちょっとテレビから目を離してる隙に
リードはしてるもののガラリと状況変わってましたからねぇ。
まさか話題のピッチャー菊池が抜けるとは
夢にも思いませんでしたよ。

逆転された試合をピンチを乗り越え 
最後にひっくり返す!!
いやぁ実に高校野球ですなぁ。
実に爽やかでございます。

チーム一丸となってひとつの目標に向かって汗を流す
あの爽やかな球児達の笑顔を見ますと
なんだか羨ましいのと同時に後ろめたい気持ちを覚えますな。
アタクシ邪念と煩悩の塊でございます。(汗)

出張行ったら宿で何食おうか、芋焼酎にしようか日本酒か?
次の休みは何処行こう、
そろそろキノコ出て来んじゃねぇのかぁ
とかね
仕事は二の次でそんな事ばっか考えてんですからアタクシ。
球児達の真剣な眼差しを恥ずかしくって直視できません。(-_-;)


高校球児に後ろめたさを感じつつこないだも出張がございまして
久々にイカ刺しをツマミに一杯呑っておりました。

geso.JPG

ゲソをぶつ切りにしただけなんすけどね
新鮮で食感も良くてなかなか旨かったんでございますよ。

宿の近くのスーパーでゲソとエンペラだけ二杯分パックに
なって売ってましてね。
まぁ早いハナシが「イカの粗」でございますよ。

結構大っきかったですよ。
皿に乗っかってんのがゲソ一杯分でございます。
コレだけで腹いっぱいになっちまいそうなくらい
ボリュームあんですよ。

とてもじゃありませんが二杯分全部は食えそうにないんで
残りは塩辛で保存でございます。
肝が無いもんですから当然普段目にするような
一般的な塩辛は作れませんな。

そんな訳でいつものごとく思い付きとその場しのぎ
やっつけ料理でございます。
まぁ宿ん中ですからね色々とモノが揃ってる訳じゃないんで
その辺は致し方の無いところでございますよ。

まずゲソとエンペラを食べやすい大きさに切りますな。
ソレを密閉容器に入れましたら塩、刻みねぎ、白ごまを加え
胡麻油をタラーリ、箸でグリグリ掻き回して
良く馴染ませたら仕込みは完了、こんだけでございます。^_^;

韓国風塩辛」って事でどうすかね?(^_^;)
写真撮りませんでしたけど。

宿出たあと職場の冷蔵庫に入れといてですね
ウチ帰ってから味見してみたんでございますがナカナカ
悪くない味でございましたよ。

自分で言うのもなんですけど「アリ!」な
味なんじゃないでしょうかね。
興味持ったオトーサン、
今度ご近所のスーパーで「イカのゲソ」があったら
一度試してみちゃ如何ですか。
卸ニンニクをほんのチョッピリ入れれば
もうちょっとソレっぽくなるかも知れません。

あ、言うの忘れるとこでした。
二杯分のゲソとエンペラが一パック50円でございます。
写真のはエンペラが入ってないんで
20円位って勘定になりますかね。

やらしいですなぁお金のハナシなんかしちゃって。
高校球児がこんなブログ目にして無い事を祈ります。(汗)
posted by あかうお at 19:28 | コメントはコチラ(4) | トラックバック(0) | 日記

2009年08月08日

自家製

いやぁ久々の出張でございますよ。
何年か前は毎週のように出張だったんですけどねぇ、(-.-)
今じゃたまに単発で入るってだけで
なんとかこのブログタイトルを維持してるようなもんでございます。

まぁそんな訳でとりあえずは現在研究開発中
ポット保温調理でございます。

この写真じゃ少々分かり辛いかもしんないですけどね
茹でたジャガイモの上に茗荷と紫蘇の刻んだのが
乗っかってんですコレ。

potato.JPG
 
「なんでぇ、別に大したモンじゃねぇじゃねぇか!」

ハイそうですよ
全く仰る通りでして何てことない食いモンでございます。

でもねぇお店で売ってんのとはチョット違うんですよ。
「どれどれ…」って写真をジィィッと見詰めたって
分かんないでしょうから説明しますけどね…

このジャガイモ二日前アタクシが掘った
正真正銘自家製新ジャガなんでございます。(^_^)

まぁ自家製ったって商売でやってんじゃないですからね
いわゆる家庭菜園ってヤツでございますよ。

偉そうな事言ってますけどこんなのは植えときゃあ
特別な手入れなんかしなくったって
あとは周りの草むしりくらいで
勝手に出来んですけどね。(^_^;)

珍しくもなんとも無い食いモンではあんですけど
採れ立てを頂くってのはやっぱり旨いんですなぁ。(^。^)
少々手前味噌になりますけどね。(汗)


作り方はいつもとおんなじでして
例の耐熱密閉容器にジャガイモ、昆布、酒、
みりん、塩、醤油を入れんです。
それからジャガイモが浸かる位まで水入れて
蓋をしっかり閉めたら仕込みは完了。

後は1/3位水の入ったポットに放り込んでスイッチポン!
イモの大きさにも寄りますけど2,30分も入れときゃ
十分火が通ってホクホクにありつけるって段取りでございます。

少々味が薄かったもんですからパラリと塩を一つまみ

因みに上に乗っかってる茗荷も紫蘇も
ウチで採れたもんでございます。
朝、出掛けに採ってポイポイッとポリ袋に
放り込んで持って参りました。^_^;


そういえば写真の奥のほうに見える赤っぽい物体、
植えた訳でもないのに勝手に生えて来るっていう
便利で有難い植物でして
旨い上に薬効効果もあんですよ。
「スベリヒユ」って名前が付いてまして
興味のある方はチラッと一昨年の記事を覗いてみてくださいませ。
http://jisui.seesaa.net/article/46923818.html
http://jisui.seesaa.net/article/47028737.html


おひたしにして芥子醤油をちょこっと付けながら
食べんのアタクシ好きなんですけど
考え様によっちゃコレも自家製ですな。(笑)
posted by あかうお at 18:59 | コメントはコチラ(6) | トラックバック(0) | 料理
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。