出張自炊生活のススメ

2009年01月28日

川魚 其の二

昨日の続きでございます。

イッパイ頂いて来たっつっても昨日の写真じゃ
どんだけなのか分かり辛いんじゃないかと思いまして
とりあえずこんくらいでございます。

ドッサリ.JPG

一瞬引いてしまいそうな量なんですけど
迷ってても時間が過ぎてくだけでございますからね
雪振る中ひとり鼻水垂らしながら黙々と下処理作業に
没頭しておりましたよ。

お蔭様で昨日から両手が霜焼け状態になっちまいまして
今でもムクムクと腫れぼったくってね
自分の手じゃないみたいでございますよ。(+_+)

素焼き.JPG

上の写真は暗くて見辛いかも知れませんが
小さめのハヤを目刺しにして素焼きにしてるトコですな。
赤く見えんのは七輪の中で静かに燃える炭の色でございます。

串は自転車のスポークを再利用してんですよ。^_^;

コレがまた香ばしくてとってもいい香りがしてくんです。
鰻の煙じゃありませんがコレだけでクイッと一杯呑めそうな
そんくらい芳しい香りが漂ってまいります。

コイツはカリッと乾燥させましてね
今度の休みあたり甘露煮になる予定でございます。


エート、特大サイズの一匹でございますが30cm以上ありまして
ちょっと小ぶりな鯉くらいの大きさなんです。
鍋ん中で澄ました目してんがそれでございます。

特大.JPG

お刺身になる予定でしたけど昨日書いたような事情でして
旨煮になって頂いた次第でございます。
昨日ウチ帰ってワクワクしながら圧力鍋の蓋を外しますと・・・

おぉなかなかイイ按配でございますよ。(#^.^#)
テカテカと照り加減も食欲をそそりますなぁ。

まぁサイズ的にも鯉みたいなもんですからね
コレで正解だったのかも知れませんな。

皿に乗っけてみましたけどデカ過ぎちまって
尻尾の方は乗っかりませんでしたよ。^_^;

ハヤ旨煮.JPG

因みに調味料は醤油、砂糖、塩、酒、生姜をドボドボッと
いつもの通り適当量でございます。
サッと煮立ったところに三つに切ったハヤを放り込んで
蓋しましてね、圧力掛かってから弱火にして20分。
後は自然冷却でございます。

胸鰭の位置の辺りに小指の頭ほどの胆嚢があんですが
コイツは取り除いたほうが無難なようですな、
身が全部苦くなっちまいますからね。

しっかしハヤって魚は骨が硬いですな
骨まで食う予定してましたけど硬すぎて歯が立ちませんよ。
もうチョット圧掛けてやりゃ良かったかも知れません。

あ、書き忘れるトコでしたけどこの旨煮
身はとっても美味しかったですよ。
なんつっても生きてんのを貰って来たんですからね
もう新鮮そのものなんでして不味い訳ありませんな。!(^^)!


そういやこのハヤですけどね、
お店で売ってんの見掛けたありませんよ。
味も万人向けじゃありませんし骨が硬くて小骨も多いっていう
魚嫌いの三大要素
を持ち合わせてますからねぇ。^^;
誰も買ってまで食いたって思わねぇんでしょうな。

考えてみたらお店で見かける川魚って
鮎くらいなもんなんじゃないすか。
あとは虹鱒、岩魚、山女ってのも売ってたりしますけど
いずれにしてもみんな養殖もんなんですよねぇ。


人気のないハヤであっても天然モノを頂けるってのは

有難い事だなぁ

なーんて思っております。(-.-)
posted by あかうお at 16:59 | コメントはコチラ(4) | トラックバック(0) | 料理
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。